シンドウマユミ(新堂真弓)のオフィシャルブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連タグ :

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

【コラム】厚焼き玉子ゴム風味!?


当時のわたしは「おかず」は好きだけど、「おかし」にはあまり興味を持っていなかった。
というのも、我が家における「おかし」という類の物は、オセンベイか母が焼いたクッキーと相場が決まっていたからだ。
母の愛情には大変申し訳ないのだが・・・わたしは「おかし」に飽きていた。

そんなわたしが何を思いついたのか、突如「洋菓子作り」に興味を持ってしまった。
理由は単純明快。当時のクラスの女子の中で、なぜか急に「おかし作り」なるものが流行したからだ。
毎日のようにクッキーやカップケーキ等を作っては持ち寄る女子達。女の子らしい、かつ「ちょっと大人」な感じが魅力だったのだと思う。
わたしもその波に乗り、今まで家の片隅にあり、開きもしなかった「簡単洋菓子入門」という洋菓子作り専門の本のホコリを払うことにしたのだった。

わたしが最初にチャレンジしようと思ったのは、ずはり『ロールケーキ』!
クッキー等、初心者向けな物から手をつければよかったのだが。「クッキー」だけは作りたくなかった。
毎日食卓に乗る手作りクッキーの甘い匂いに、正直「うぷっ。」という感じだったし、母がクッキーを焼くのを何度も手伝っていたので、クッキーなど「今さら」な感があったからだ。

『ロールケーキ』を作るには、まずスポンジを作らなくてはいけない。
わたしは本に書かれている材料を一つ一つ秤に乗せ、指示されているグラム毎に丁寧に分けていく。

作業はいたって簡単だった。
まず卵、砂糖、小麦粉等の指定された材料を、指定された分量混ぜ合わせ生地を作る。後は、あらかじめ温めておいたオーブンで指定された時間焼くだけ・・・・。
火のついたオーブンの中に混ぜ合わせたばかりの生地を入れると、わたしの興奮は最高潮まで達した。

『出来上がったロールケーキを、明日学校に持っていったら・・・きっとクラスの皆はビックリするぞぉ~っ!!』

生地はオーブンの熱に焼かれて、程よい狐色になり、きっと甘い匂いを立たせるに違いない。
そんなわたしの妄想に拍車をかけるように、オーブンの中から甘い、優しい匂いが立ち昇りわたしの鼻先をくすぐった。時計を見ると、あと5分少々で焼き上がることを教えていた。

チン!

オーブンから、乾いた甲高い音が鳴る。ケーキが焼きあがったのだ。
わたしは急ぐ気持ちを抑えつつ、期待に胸をときめかせながらオーブンを開けた。そこには狐色した、ふっくらと焼きあがったケーキがあった。

・・・・・・・はずだった。

「あれっ??」
焼きあがったケーキは、とうてい「ケーキ」とは呼べる代物じゃなかった。
ペッタンコに鉄板に「これでもか!」とばかりに張り付いた生地は、狐色を通り越して信号機の「黄信号」の色をしていた。
鉄板から取り外してみると、さらにその異様さに驚かされる。生地を流し入れた時よりも、確実に厚みの減ったケーキの高さは・・・なんと5㎜弱。しかも、その生地をどんなに折り曲げても、さながら「厚ゴム」のようにビニュ~ンと元の形状に戻るのだ。

意を決して口に運んでみたものの・・・その味たるや。まるで「砂糖を入れすぎた玉子焼き」そのもの。

しかも食感が「厚ゴム」。

さっそく夕飯時に家族に振舞ってみた。
もちろん(!?)満場一致で「まずい」と評されてしまった。誰も食べてくれないので、当時飼っていた柴犬の「さくら」に与えることにした。
いつも与えられた物は残さずに食す律儀な彼女のことだ・・・きっと喜んで食べてくれるに違いないっ!!
淡い期待を持ちつつ、彼女の鼻先までケーキを持っていく。
さくらは一、二度程鼻を近づけ匂いを確かめるとプイッと顔を背け、その後一度もそのケーキの残骸を見ようとすらしなかった。
「犬にすら無視された、わたしのケーキっていったい。」

その後、しばらくの間わたしは汚名返上とばかりに毎日ケーキを焼くことになるのだが・・・。

この話を誰にしても「そんなケーキ焼けるはずがない。」と一笑に伏せられてしまう。
「そう言うのなら!」とヤッケになって、わたしも例のケーキを作ろうと何度も試みた。しかし、どうしても「それ」を焼くことは出来なかった。
今では、どうやって焼いたのか?? 幻のケーキと化した「それ」が本当にあった事だったのか、それすら疑問に思えてくる。

なぜ、その時にレシピを残しておかなかったのか・・・今になってちょっとだけ後悔なのです。
関連記事

関連タグ : コラム,

| コラム | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。